レーザー脱毛すると汗が増えるのか

バナー

レーザー脱毛すると汗が増えるのか

レーザー脱毛をしてムダ毛が無くなると、汗をかきやすくなったと感じる人がいますが、これは医学的に見ても脱毛施術と因果関係はありません。

出やすくなる場所も症状も様々ですが、蒸れやすくなる、服にシミができてしまうなど、脱毛施術によって毛が無くなったのに、新たにコンプレックスができてしまうと本末転倒です。


レーザー脱毛施術によってなぜ汗の量が増えてしまうのかというと、体毛がなくなることで肌がつるつるとすることにあります。



人間の体毛は一見すると何の役割もないように見えますが、実は体毛は雑菌や刺激などから皮膚を守ったり、分泌された汗を吸収して乾かすという働きがあります。



レーザー脱毛などで体毛をなくしてしまうと、吸収されずに直接肌や衣類についてしまったり、不快感から余計に汗の量が増えたと感じてしまうのです。

体毛に吸収されないと肌の上を滑ってしまうのでより敏感になってしまうと考えられています。

また、もう一つ考えられる理由に精神的なものもあります。

体毛が無くなることで肌はクッションとなるものがなくなって敏感になります。

デリケートな人や緊張しやすい人ほど汗をかきやすい傾向にあります。

レーザー脱毛によって肌が敏感になり、気にしすぎることで余計に緊張してしまうのです。



レーザー脱毛によって毛のないキレイな肌を手に入れたわけなので、人の視線などを気にせずに自分に自信を持つようになると解消されることが多いようです。