レーザー脱毛後はアフターケアが重要

バナー

レーザー脱毛後はアフターケアが重要

レーザー脱毛後は、適切なアフターケアを行うことが重要です。きちんとアフターケアをしないと、肌の炎症や肌荒れ、毛穴の開き、色素沈着の原因になってしまいます。

施術直後はレーザーの照射を受けて、肌は熱を持っています。



施術後、スタッフによってアイスノンや冷却材などで冷やされますが、このクーリングによって肌の熱を取って赤みを抑え、肌のトラブルを防ぎます。



クーリングをせずに放置しておくと、炎症を起こすこともあるので、赤みや熱がある場合は自宅でもよく冷やしましょう。


熱を取ったあとは、肌に水分をしっかりと与える保湿ケアを行います。

肌がしっかりと保湿されていると、次回の脱毛施術時に痛みを感じにくくなり、脱毛効果も高まります。


乾燥がひどいと施術が受けられないことがあるため、刺激の少ない化粧水や保湿クリームなどを使用してください。



レーザー脱毛後は、肌の角質層が薄くなって刺激に敏感になっているので、直射日光を避けることも大切です。

紫外線を浴びるとシミができやすかったり、肌トラブルが起こる原因になります。

また、脱毛施術後は、炎症のリスクを抑えるために、制汗剤やデオドラント剤の使用はやめましょう。また、激しい運動や入浴は体温を高めてしまい、肌の赤みや炎症を引き起こす原因になるため、控えましょう。


レーザー脱毛を受ける施設によって、受けられるアフターケアの内容が違うため、事前にどのようなケアが受けられるかどうかを確認しておくことも大切です。